ホーム |  ログイン ログイン
ストリートマジック専門マジックショップ STREETMAGICIAN/ストリートマジシャン マジックショップ STREETMAGICIAN/ストリートマジシャン

カテゴリ
ストリートマジック
ELLUSIONIST
THEORY11
空中浮遊
カードマジック
コインマジック
お札マジック
ファイヤー/タバコ/煙
指輪/ネックレス
輪ゴムマジック
貫通/リンキング
携帯スマホマジック
瓶/缶/ペットボトル
一般/その他
カード/デック
アクセサリ/ギア
ジョークグッズ
リフィル/部品/消耗品
ダウンロード
激レア商品
SansMinds
Andrew Mayne
Criss Angel
Sean Fields
Black's Magic
JB Magic
Penguin Magic
Sankey Magic

新着商品(全商品)...
新着商品(non DL)...
新着商品(DL)...
おすすめ商品...
特価商品 ...
全商品...
レビュー...
ショップ情報
当ショップについて
ご利用ガイド
ご利用規約
よくあるご質問[Q&A]
個人情報保護について
特商法に基づく表記
お問い合わせ
リンク集






カードマジック カードマジック
商品1322/1929
戻る 商品リストに戻る 次へ

Soul Mate (初回特典付き) by David Yoshida

税別:1,834円 1,100円

税込:1,980円  1,188円
792円 (40%) もお得!


 

初回入荷ぶんのみボーナスエフェクト「Soul Mate Duet」が付属しますので、お早めに!


こんにちは。

A Study In Secretsの新沼 研です。

David Yoshida氏の最新作「Soul Mate」をご紹介します。

今回のYoshida氏の作品について、私は三重の意味で嫉妬しています。

一つは、「Soul Mate」が、 私がずっと昔から解決したかったプロットに対して見事な解答を提示していることです。 先を越されてしまったなあと強く思いました。

二つ目は、「Soul Mate」が、構造的に新しい可能性を秘めていること。 これは後ほど詳述しますが、広い応用可能性を感じます。

三つ目は、作品としての完成度が非常に高いこと。 単純明快な現象。簡単なセットアップ。テクニックも不要。 しかも、観客を深く演技に関わらせる手順構成で、どなたでも楽しく演じられる作品に仕上がっています。


<現象>

あなた(=マジシャン)は二人の観客に手伝いをお願いします。

あなたと観客は、トランプを自由にシャッフルして、自由にいくつかの選択を行います。

全ての選択は非常にフェアに行われた様に見えますが、 最終的に参加者全員が手元に残したカードを見ると全てAになってしまいます!

そう、それは我々がソウル・メイトだからです。


Yoshida流Shufflers?!
シャッフルされたデックから観客が見つけるA


「Soul Mate」のプロットは単純明快です。

即ち、観客とマジシャンでシャッフルしたデックの中から、自由な選択によって各自Aを見つけ出してしまうというものです。

実はこれ、私自身がずっと形にしたいと思っていたテーマです。 しかしある壁が立ちふさがり、どうしても納得のいく形にはなりませんでした。

しかしYoshida氏の「Soul Mate」を見て、目からウロコが落ちました。 私自身が越えることのできなかった壁を柔軟な発想で奇麗に解決していたのです。


3人で行う、Do As I Do

「Soul Mate」は三人で行う「Do As I Do」形式のマジックと言うことができます。

「Do As I Do」とは「マジシャンと観客が同じことをすると、不思議なことが起こる」というマジックの一つの型です。

個人的にあまり広まって欲しくないので、さらっと書きますが、 「Do As I Do」は、様々な不可能を可能にする「魔法のような手法」です。

私は以前、「Crossover」という作品で「Do As I Do」構造の有用性について詳しく書きました。

私自身ちょっと思い出しただけでも、「mirror」「Parallel Universe」「Fatalism 3.0」「Intuition#3」等々、 「Do As I Do」的な手法を取り入れている作品は数多くあります。

マジックをクリエイトする人間にとって、こんな便利な道具はないんじゃないかというくらい無限の可能性をもった手法です。

その「Do As I Do」を3人で行うとどうなるのか。

3人以上の複数人で行う「Do As I Do」形式のマジックはいくつかありますが、 「Soul Mate」の面白いところは、「3人」という構造を最大限に生かし、 非常にフェアに見える選択を実現している所です。

実はこの「3」という数字がミソで、「Do As I Do」の可能性を広げる、絶妙な働きをしてくれるのです。

「Soul Mate」は3人で行う「Do As I Do」構造の長所をめいっぱい提示してくれました。

今後この構造を生かした作品が数々生まれるのではないかと思います。


シンプルかつ実用的な手順構成

「Soul Mate」は非常に演じやすく構成されています。

あなたと観客が行うのは、手元のカードをシャッフルし、二つの山に配りわけ、一方を選択するだけです。

使うのもレギュラーデックだけ。難しいテクニックも不要です。

4枚のA全てを出現させることも可能なので、その後に4枚のAを使ったお好きな手順につなげて頂くことが可能です。


Special Notes 「Triangle Do As I Do」 by 新沼 研

上記の通り、「Soul Mate」の本質は、3人形式のDo As I Doの特性を上手に利用した作品であることです。

「Soul Mate」の背景を読み解きながら、3人で行うDo As I Do形式の構造について、考察を行います。

「Soul Mate」の裏側を初めて知った時、 「Do As I Do」の本来のパワーと「3」という数字の特殊性の奇跡的な融合に感動しました。

是非私と同じ感動を味わって下さい。


“3人のソウルメイトがそろったときに何かが起こる。 それぞれの自由意志により選ばれたカード、そこにソウルメイトの証が・・・。 シンプルだからこそ奥深く、インパクトのある現象です。”
- David Yoshida


ボーナストリック「Soul Mate Duet」

これはSoul Mateの原型となった作品で、あなたと観客が1対1で行う、ソウル・メイトの証を確かめ合います。

【現象】
トランプを半分ずつ持った観客とあなた(=マジシャン)は、それぞれのカードを1枚選びます。 そのカードを交換し、手持ちのトランプの中に混ぜてしまいます。

自分の手元のどこかにある相手のカードを想いながら、2つに分けたトランプの山を選んでいきます。 複数回の自由な選択の後、各自のカードをコールした上で、残った二枚のカードを表向けると、それはあなたと観客の選んだカードです。

自由意志によるシャッフルと選択を行うことができ、エンディングの前にそれぞれのカードをコールすることができます。

レギュラーデック、セットアップ不要、ハンドリングも簡単、しかも即興で行えるマジックです。


[商品内容]
・解説書 (日本語/18ページ)
※実際の商品パッケージはイメージ画像と異なることがございます。
※英語商品の商品紹介文は弊社が独自に意訳・作成したものです。 その全部または一部の無断使用は固くお断りします。
現在のレビュー: 0
レビュー
友人に知らせる